ゼロファクター 副作用

MENU

ゼロファクターは安全?副作用はでないの?

ゼロファクターの「5αspローション」は、男性の濃いひげの悩みを解消することを目的としたアイテムで、シリーズ累計販売数1,800,000本という大ヒット商品です。また、あのモンドセレクションで2,010年から2,012年まで3年連続で「Silver Award」を受賞しており、品質の確かさは国際的にも承認されています。

 

なお、ゼロファクターによる具体的な作用は、5α-reductaseという還元酵素の活性を阻害するというものです。この還元酵素は、強力な男性らしさを形成するDHTの生産に関与しているので、活性が阻害されることによりこの物質の生産量が抑制されます。これにより、結果的にひげの成長が阻害されるので、悩みが解消されるという結果に繋がります。

 

ちなみに、このような作用は女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しているイソフラボンによるもので、この成分を豊富に含有している大豆・ザクロ・Gaukuruaなどの様々な種類の天然原料を高配合しています。

 

さらに、ゼロファクターではこれらの有効成分を10億分の1mサイズにナノ化しており、毛根の内部にまでしっかりと浸透させます。これにより、剛毛の悩みが根本的に改善されることになります。

 

なお、ゼロファクターに配合されているものは全て天然成分であり、アレルギーなどを引き起こす心配はありません。このために、デリケートなタイプの人でも基本的には安心して利用することが出来ます。

 

一方、副作用として考えられるのは、DHTを抑制することによる男性機能への影響です。何故なら、DHTはテストステロンをサポートするという役割を担っている物質で、男性性器の成長をサポートするなど性機能に特に関与しています。このために、この物質の生産量が減少することにより、これらの部分に影響が及ぶ確率は0パーセントというわけではありません。

 

ただし、ゼロファクターは1994年に販売を開始して以来、既に20年以上の実績を積み重ねています。この間に、男性機能が低下したという報告は1件も寄せられていないので、安全性に関して心配する必要はなさそうです。

 

ちなみに、推奨されている使い方は、シェービング後や入浴後、洗顔後などの清潔な状態の肌に、広く厚めに塗るという簡単な内容で、1日に複数回使用しても大丈夫です。メントール系の成分が配合されているので、塗った後はリフレッシュした気分になるので使用感はかなり快適です。